読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

ドフィーノ スライスハバティチーズ ★★★☆☆

 

http://instagram.com/p/qNxNltjaGS/

Instagram

スライスタイプのアメリカンチーズ

以前から気になっていた商品なのですが、

割引対象になってた時に初めて買いました。

907g入りで、通常1398円、割引後1150円でした。

 

日本のスライスチーズと違うところは、

※ プロセスチーズじゃなくてナチュラルチーズ

※ 見た目がツルッとしてなくて、小さい穴がボコボコ開いている

※ 厚い!

※ 個包装になってない

というところですかね。

 

パッケージを開けると、16枚ほど重ねられたスライスチーズがドカッと出てきます。

その16枚の山が、二つ並べられて包装されている感じです。

 

チーズとチーズの間には、パラフィン紙みたいなものが挟まれているので、

くっついて剥がれないということはないですが、

1枚取ったあと、残りをパッケージに戻すのが面倒だし、第一入れにくい。

なので、私は、1つの山はタッパーに入れ、

もう一つの山はジップロックに入れて冷凍することにしました。

タッパーに入れておくと取りやすくて便利ですよ~。 

 

日本のスライスチーズは、1枚1枚個包装になってますが、

一気に使うときは、いちいち剥がすのが面倒なんですよね。

ドフィーノ方式は取り出しがワンタッチ!ですし、ゴミも出ないのでエコだわ~。

2分の1枚で足りるという時にも、

ビリッとちぎって残りをタッパーに戻せばいいしね。

 

気になる脂肪分・塩分

ネットの口コミを見ると、このチーズ、アブラっこくてダメ、

という方も少なからずいるようなんですね。

 

脂っこいと感じるのは、乳脂肪の含有率が約2割増しであることに加えて、

分厚くて1枚当たりの量が多いことも関係していると思います。

 

例えば雪印メグミルクのとろけるスライスチーズは、1枚が約18gなのに対し、

ハバティは28gもあるんですよね。

 

そして、雪メグは、1枚当たり脂肪分4.8g。カロリーは60kcalだそうです。

 一方、ハバティは、1枚当たり脂肪分9g。カロリーは110calもあるので、

今まで日本のスライスチーズ1枚を食べていた方が、

そのままハバティ1枚にスライドすると、脂肪&カロリーは2倍近く。

そりゃあ、胃にもたれる感じがしますよね。

 

次に塩分なんですが、1枚当たりで比較しますと、

雪メグはナトリウム126mg、ハバティは210mgってことなので、

雪メグの方が塩分は少ないんですが、

これもハバティの方が分厚いってことが多分に影響してまして、

1g当たりで計算すると雪メグ7mg、ハバティ7.5mgで、そう変わらない気がします。

 

ただ、うちでは、ふだん、カチョカヴァロ(↓)を食べ慣れているので、

ハバティは塩気が強いと感じました。

 

軽くトーストするとトロリと溶けて、美味しいことには美味しいです。

ただ、厚みがあってボリュームがあるし、塩気が強いので、

チーズのみのトーストで食べると、ちょっと飽きるかなあ~。

コーヒーにはすごくよく合いましたけどね。

 

パッケージには、ハンバーガーにチーズを挟んだイラストが描いてありますが、

むしろこれは、料理に使った方がいいかもしれないです。

試しに、思いつきで、薄味かな?と思ったトマトスパゲティの仕上げに、

このチーズを適当にちぎってからめたら、余熱で溶けて、

ちょうどいい感じの味になりましたよ。

具だくさんのピザ(トースト)に使っても美味しいかも。

 

なので、私の中では、ドフィーノさんは料理用、になりつつあります。

 

今のストックがなくなっても、すぐにはリピートしないと思うけど、

また買ってもいいかな。

 

というわけで、ドフィーノのスライスチーズは★3つです。