コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン4年目!買った商品のホントのところを書きます。

微妙な値段の牛乳

 http://instagram.com/p/tjSQXEjaNi/

Instagram

ごくごく普通の牛乳です

コストコ和泉倉庫店では、「いかるが牛乳」という大阪市の会社の牛乳を取り扱っています。

どこにでも売っている、当たり前の牛乳です。

飲んでみても、別に普通。

特に、コストコで買う必然性は感じません。

 

この当たり前の牛乳も、コストコにかかれば3本1組になってしまうんです。

価格は510円(税込)。つまり、1本170円ですね。

 

これが画期的に安いかというと、実はそうでもない。

税込170円ということは、税抜では158円ですが、この辺のスーパーのチラシでも、特売ならたまに見かける数字。

確かに、底値に近いかもしれませんが、それと引き換えに牛乳を3本まとめ買いしなければならないんですよね~。

あえて、コストコで牛乳を買わなくてもいいんじゃないか?という気はします。

そう思いながらも、別のスーパーに買い物に行くのが面倒でつい買ってしまいます。

 

そんな牛乳の儲けはいかほど?

一般社団法人中央酪農会議、という団体のホームページに、2009年度のスーパーマーケットにおける牛乳(1000ml)の価格帯別粗利益のデータがありました。

これによれば、価格帯151円から160円の牛乳の粗利益は9.8円。

つまり、牛乳1本売って、そのお金で仕入れ先に支払をしたら、10円足らずしか手元に残らないってことです。

さらに、電気代や人件費、賃料などを払わなければならないことを考えると、牛乳単体では赤字間違いなし。

 

一般のスーパーだと、安い牛乳は客引き用商品ですが、コストコは違いますよね。

牛乳を買うことが目的で来る客はまずいない、と思います。

コストコでは、他の商品を買いに来て、「ついでに買う」のが牛乳。 

客引きにもならず、儲けにもならない(はずの)コストコの牛乳。

もし、顧客サービスの意味を込めて牛乳を置いているなら、ぜひ、1本売りしていただきたいです。