読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

本年最初のブログは、タラバガニのご報告から

シーフード

今年もよろしくお願いいたします

本日より、ブログ再開します!

今年は年末年始のお休みが長かったので、通常運転になるまでリハビリが必要で…予定より遅くなっちゃいました。

ゴロゴロしていたせいでズボンがきついし、腰も痛い。

 

さて、今年もゆるーくブログを書いていきたいと思いますので、皆さま本年もよろしくお願いいたします。

初めは、年末に買いましたカニのリポートからです。

 

超巨大ガニゲット!

事前に予約していたカニを12月30日にピックアップしに行きました。

年末なのでさぞかし混むんだろうな~と気合を入れ、8時半ころに行きましたが、案に相違して駐車場はガラガラ。

着いた時点ではまだ開店しておらず、寒いので皆さん車の中で待っていて、入り口前に並んでいる人はほとんどいなかったです。

到着後約5分後にオープンして店内に入りましたが、こんな状況ですので非常に空いてました。

ららぽーとにも寄って、10時半くらいに帰りましたが、その時点でも、駐車場の待ち列はありませんでした。

思うに、今年は年末のお休みが比較的早くスタートしたので、買い物ラッシュが分散したのかもしれませんね。

 

さてさて、肝心のカニです。

サイズは4種類あったのですが、「大きいものが人気です」という売り込みに乗せられ、3.2キロのものを予約しました。

もう一つ大きいサイズもありましたが、既に予約終了になっていました。

 

カニは、平たい段ボール箱に入れられてました。↓

http://instagram.com/p/xkrRorjaC_/

Instagram

発泡スチロール箱をイメージしていたのでちょっと意外な感じ。

ボイル後に冷凍されており、このまま2日間常温に置いておけばOKだそうです。

流水解凍はNGだとか。

解凍が進むと水が出てきますが、段ボールの中は厚手のビニール袋が入っていて、水が漏れてくることはありませんでした。

 

私、タラバガニを丸ごと買ったのは人生初めてでしたが、箱を開けてみて、その大きさに思わず「うわあ~!」と叫びました。

こんな巨大な生き物がアラスカの海の底に生きているんだなあ~としみじみ思いましたねえ。

海遊館で見た、タカアシガニ(だったかな)を思い出しました。

その大きさを何に例えたらいいのか…甲羅の部分だけで、ドッジボールくらいはあったかなあ。

足もぶっとくて、トゲトゲがあって、勇ましい感じでした。

http://instagram.com/p/xkrPp9jaC5/

Instagram

 

ちなみにお値段ですが、3.4キロで16900円でした。

うちに入ってきたスーパーのチラシを見て比べると、まあこんなもんかな?という感じです。

 

非常に食べ甲斐がある。

 

2日後。完全に解凍完了していました。

流しにて、キッチンばさみで関節の柔らかそうなところを狙って切り分けていきましたが、素手で持っているとトゲトゲが痛い。

このトゲトゲ、メッチャ硬いんですよ。

なので、途中からタオルでくるんで切り分けました。

適当に、関節のところで切って行くだけでいい感じになりました。

 

食卓で、各自で身を外しながら食べましたが、非常に身離れがよく、巨大な塊がするん!と取れます。気持ちいいくらいに。

口いっぱいにカニを頬張ることできるんです。

そういう意味ではまるで人工の食べ物みたい。

あまりにも大きいので、ぼやっとした味なのかな~と思いましたが、そんなことはなく、身はプリプリしていて瑞々しいし、カニらしい風味もしっかりと感じられ、美味しかったです。

最初から塩味が付いてまして、別に濃い味というわけでもないですが、日本のカニに比べるとしっかりと味が付いてるかな~という気はします。

カニみそはありませんが、中央部分にカニみその名残がうっすらと残っていて、それらしき味がします。

 

ウチ(大人2人に中高生2人)では、このカニ、1日では食べ切れず、2日かかってやっと完食。

一応、ラベルでは消費期限が当日含め3日になっていて、解凍したら当日中に食べなければならないようなスケジュールでしたが、どうしても食べ切れず翌日に持ち越しました。

 

もう、カニ、いい…と思ったの初めて。

年の初めに贅沢なものを堪能させていただきました。