コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

包装がキュートなベルギーのドルファンチョコレート

http://instagram.com/p/ynqbbSDaNZ/

Instagram

 

もうすぐバレンタインですね!

コストコでもチョコレートが山積みになっていました。

メルマガに、「マセズ」というチョコがコストコの冬のお菓子の代名詞、と紹介されてて、クーポン対象になっていたので買うつもりだったのですが、原材料のトップが「植物油」になっていたのが気になって…

 

この「ドルファン」はベルギー産ですが、私は、経験上、スイス・ドイツ・ベルギーあたりのチョコは美味しい、という信念を持っているので、きっと美味しいに違いない、と思ってこれを選んでみました。

パッケージも可愛くて、いかにもバレンタイン!というハートのデザインですし、ラッピングすればバラマキ用チョコにも使えそう。

コストコの売り場の中ではどっちかというとひっそりと隅の方に並べられていて、数も少ない感じでした。

 

ひと口サイズのチョコが60ピース入りで1298円。

ちなみに、ドルファンという名前を聞いたことがなかったので、ネットで検索してみたところ、ベルギーのドルファン公式オンラインストアで、おんなじ商品が16ユーロで売られていました!

今、1€=135円くらいなので、2160円!

おお、直接買うより安いなんて、コストコやるじゃん!

中身が同じで、包装の絵柄が違うモノがいくつかありました。

 

全体で270gなので、1個4.5gですね~。

ひとつひとつのチョコは、よくアソートチョコレートに入っているような感じの、平べったくて薄いミニ板チョコ。

フレーバーが5種類あって、ミルク・カカオ38%、ヌガー入りミルク、ダーク・カカオ70%、ヌガー入りダーク、オレンジ入りダークとなっています。

個包装をひっくり返すと、ミルク、とかダーク、とか書いてあります。

 

そして、シール止めを剥がそうとして、間違えて箱を盛大にひっくり返してしまったところ、箱の中に、

「ドルファンチョコレートは人工的な材料は使わず厳選されたチョコレートをミックスするベルギー伝統の高度な技術と芸術性によって作られています。ギフトにも最適です。」

の文字が現れました!

 

原材料ですが、カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、低脂肪ココアパウダー、ヘーゼルナッツ、乳化剤、香料、となっています。

 

味はノーマルなチョコレートでした。

実は今、食べながら書いておりますが、ミルクはミルクチョコらしい味ですし、ダークはしっかりとカカオの味。

率直に言って、平均的なヨーロッパのチョコレートではないか?と思います。

オレンジは、ほのかにオレンジの香りづけがされているという程度で、オレンジピールなどが入っているわけではありません。

香りの付け方もひじょーに控えめ。

 

ヌガー入りというのがありますが、ヌガーは何かと言うと、キャラメライズされた ヘーゼルナッツだそうです。

非常に細かく砕いてあるようで、わずかにシャリシャリした歯ごたえがある程度。チョコを割ってみると、ほんとに点のような白いモノがほんの少し入っていて、それがヌガーです。

 

純粋なチョコレートなので、融点が高いというか、口に入れたらとろりととろける、という感じではないです。

トリュフ系の、トロリねっとりの舌触りはありません。

というわけで、これはこれで美味しいですが、次はトリュフ系のチョコをゲットしてこようと思っております。