コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

久々に鶏肉買ってみた。さくらどりの筋きりささみ

https://instagram.com/p/1UalPbDaFt/

Instagram

 

さくらどりシリーズのささみ

コストコに行き始めたころは、さくらどりのモモと胸をよく買っていましたが、ある日、モモを焼いて出した時に上の子が「この鶏肉美味しくない」と言い出しました。

何が問題なのかよく分かりませんが、脂の味が好みじゃなかったのかな~、と推測しています。

それなら使う都度スーパーで買った方がいいか、と思うようになり、ここ数か月はず~っと鶏肉は買ってませんでした。

しかし、最近、何となくまた鶏肉を試してみようかという気が起こり、ささみ買ってみました。

 

筋きりささみは、胸やモモと同じく、600gずつの袋が4つ繋がっている状態になっていて、2.4キロ入りで1838円でした。

取り出してみると何だかツルンツルンした感じで、色はやっぱりピンクっぽいです。

筋きり済みですが、完全に筋が消滅しているわけではなく、ちょっと残っている部分もあります。

が、私は、この程度のささみの筋ごときは全く気にならないので、そのままボツボツと切って使いました。

食べるときも筋があって口当たりが悪いということは全然なかったですが、人によって感覚の違いがあるかもしれません。

 

食べてみた感想ですが、胸よりもシットリとして食べやすく、美味しかった!

ささみなのでアッサリしてますし、臭みもなく、肉の味そのものもうまみがありました。

今のところ、1袋はそのままの状態で、1袋は冷凍→解凍して食べましたが、解凍するとドリップが多少出るものの、それほど味が変化したという感じはなかったです。

 

マヨネーズとの相性ばっちり!マヨネーズフライはいかが?

このささみなんですが、マヨネーズと一緒に調理すると、柔らかくパサパサ感もなく、あっという間に完食してもらえる料理ができあがります。

例えばですね、私は、今まで胸肉で「マヨネーズフライ」をよく作ってたんですけど、ささみで作ったら、胸よりもずっとずっとソフトでしっとりと美味しく出来上がりました。

「マヨネーズフライ」というのは私が今思いつきで書いた名前ですが、作り方自体は、ず~っと前にマヨネーズ会社のマヨネーズ活用レシピを見て覚えました。

 

胸肉の場合は、ためしてガッテンで見た方法でしっとり感をアップさせていました。以前のブログにもその話を書いてますので興味のある方はご覧ください↓。

安くてヘルシー ! さくらどり 皮なしムネ - コストコ和泉LIFE!

しっとり感をアップさせる効果は非常に高いのですが、砂糖と塩でガッチリと味が付くので、料理の幅が限られるのが難点です。

ささみの場合、このような下処理をしなくても、胸よりも旨いマヨネーズフライになりました。

 

作り方はかんたんで、普通にフライを作る要領で、肉に小麦粉、マヨネーズ、パン粉をまぶします。

そしてオーブンで焼くだけです。

普通のフライでは卵を使うところ、代わりにマヨネーズを使って、揚げないでオーブンで焼くんです。

揚げずにオーブンお任せなので楽ですし、マヨの力で肉は柔らかく、風味も豊かになります。

 

しょうゆマヨも美味しいよ!

しょうゆとマヨネーズメインのたれを絡めたささみもおススメです。

 

作り方

ささみをそぎ切りにして、しょうゆと酒で下味を付ける。

片栗粉をまぶし、フライパンで焼く。

マヨネーズ入りのたれを絡める。

たれには、マヨの他にしょうゆと砂糖、お好みでにんにくとしょうがを入れて下さい。

 

先日これを作った時に、マヨ入りたれを絡めたものと、たれを絡めないものとを食べ比べてみたら、もうぜんっぜん違いました。

たれなしは、お肉が固くパサパサ感があって、同じ肉とは思えないほど違います。

 

よろしければマヨ&ささみ、ぜひお試しください。

 

今回ご紹介した商品はこちら!