コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン4年目!買った商品のホントのところを書きます。

ギリシャヨーグルトについての追記。

ギリシャヨーグルトパルテノ…

 先日、ギリシャヨーグルトについて書いたのですが、どうも気になることが出てまいりました。

というのは、コストコギリシャヨーグルトとともに、森永の「ギリシャヨーグルトパルテノ」を買って食べてみたんですが、その時のパルテノはものすごく柔らかかったんです。

パルテノって、普通のヨーグルトに生クリーム足したような感じだなぁ~と思ってました。

 

ところが、その後、世間では、「パルテノってクリームチーズみたい」「スプーンを逆さまにしても落ちない」と言われているらしい、ということを知りました。

これは、私が食べた物とは違うんじゃないか…?

2個購入して、子どもと一緒に食べたので確認しましたが、確かに「パルテノ」っていう名前だったし、トロトロな感じだったと。

 

 以前の記事はこちらをご覧ください↓

costco-izumi.hatenablog.com

 

もしかして、私が購入したのは発酵不良かなんかだったのでしょうか?

というわけで、どうしても気になったのでもう一度購入してきました。

今度は別の店で買ってみよう、と思ったんですが、パルテノを置いているお店って意外と少ないんですね。

わりと探し回って、やっとブルーベリー味のパルテノを見つけました。プレーンは見つからず。

 

 これです↓

 

おぉ~、クリーミー! 確かにスプーンを逆さまにしても落ちない!この間のと全く違うぞ。

食感はクリームチーズっぽくてねっとりとしているんですが、脂っこくなくて口の中に残らない感じ。

コストコのは、これに比べるとクリーム度は低く、より固さがあって酸味もやや強い感じですね。

う~ん、私はどっちもアリです。

 

カロリー的にはコストコのが100g91kcal、パルテノブルーベリーが80g81kcal〔=100g101.25kcal〕と表示してありました。

パルテノのほうが若干カロリー高いですが、あの濃い〜クリーム感でこのカロリーで済むなら何だかお得な気がするな。

 

 

ギリシャヨーグルトで作るギリシャ風ディップ

さてさて、ギリシャヨーグルトをデザート風に食べるのに飽きたら、お肉料理に添えるディップはいかがでしょうか?!

とても爽やかで、夏にピッタリの味です。

 

材料

ギリシャヨーグルト  50g(お好みで加減)

きゅうり       1本

にんにく       2分の1かけ(お好みで加減)

エキストラバージンオリーブオイル    小さじ1

赤ワインビネガー   小さじ2分の1

ディル・ミント    各小さじ1(みじん切りにする)

塩          小さじ4分の1ほど

 

作り方

①きゅうりを薄切りにして、塩をまぶし、しばらく置く。水が出て来たら絞る。

②にんにくをつぶし、ヨーグルトを混ぜる。

③きゅうり、ビネガー、ミント、ディル、オリーブオイルを混ぜる。塩味が足りなければ足す。

④数時間ほど冷蔵庫に入れて味をなじませたほうがよいが、ニンニクの味が変わってしまうので24時間以上置くのはNG。

 

ギリシャの友人に教えてもらったレシピなんですが、本来のレシピでは、にんにくは倍量になってますし、きゅうりはみじん切りにして水を絞り、塩にまぶさず水を切ってそのまま入れることになっています(その場合は塩を後から入れます)。

私は、きゅうりから水が出てきそうだな~と思ったのと、みじん切りが面倒だったので改変しました。

酸っぱいのがイヤな方、使い切れないから買いたくない方はビネガーはなくてもいいと思う。

ミントもキライな方は入れなくてもいいんじゃないかな~。

 

ただし、ディルは必須。

ディルは手に入りづらく私も何カ所か探しましたが、これは省略できない要の材料ですね。

この香りで味がまとまっている感じがします。

ちょっとだけ生のにんにくが入りますが、ヨーグルトのおかげか、そこまで刺激的な感じはないです。

 

ミートボールと食べるのがおススメ、と言われたのですが、ミートボールと言うとイシイのお弁当用ミートボールしか思いつかず、いやいや違う…というわけで、ハンバーグと一緒に食べてみました。

なかなか合います。ちょっと目先を変えたいときに良いです。

ハンバーグに塩を強めに入れて、ソースはなしで、このディップを添えて食べてみて下さい。

ディルも入っていて、ピクルス的な感覚でサッパリと食べられます。