コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

ケルヒャー窓用バキュームクリーナーを使ってみました

https://instagram.com/p/32udhaDaHG/

Instagram

 

先週のクーポン対象品

元々まったく買う気がなかった、ってか、存在自体知らなかった商品。

メルマガ見て、クーポンが出てるということで興味を持ってネットで調べてみたらよさそうだな…って。

クーポン割引後4800円で、それほどバカ高い商品でもなかったので、つい買ってしまいました。

 

ケルヒャーの窓用バキュームクリーナーは、ワイプパッド付きスプレー容器&洗剤等の付属品が付いているWV50 PLUS という商品の方がメジャーなようで、ネットで検索すると、PLUSのほうのレビューばかりが出てきます。

さらに、WV50は、バキューム部分の幅(上の写真で←280㎜→となっている部分のワイパーヘッドという部品)が標準サイズの280㎜のみで、上の写真に掲載されているとおりの本体と充電用アダプターしか入っていません。

最初から標準サイズに加えて小さいサイズのワイパーヘッドがセットされた商品(WV75)もあるそうです。

 

使い方はメッチャ簡単でした。

箱の中には、黄色い「胴体」と、黒い「翼」部分が別々に入れられていたので、これをカチャっとセット。

電源を繋げば充電開始です。3時間充電すると使えるようになります。

最近、小難しい家電が多い中、説明書を見るまでもなくシンプルに使えるのは地味に嬉しい。

 

ちなみに、内蔵されている電池は約300回充電可能ですが「電池交換はできない」ということなのでご注意ください。

もっとも、300回という数字は、週1で使って6年弱、2週に1回で11年半程度もつ計算になります。

普通のご家庭では窓掃除はたま~に。という方が大多数だと思いますので、まぁあまり問題ないんじゃないかと思います。

1回充電して約20分使えるということなんですが、私の感覚だとベランダに設置されているようなサッシ窓なら、ゆっくりやっても裏表で1分も使えばお掃除完了で、ってことはサッシ窓20枚分はいける。

普通のおうちなら、1回充電で家じゅうの窓を掃除できると思います。

 

こちら↓は、ケルヒャー直営のオンラインショップ。

ムービーで使い方を説明していて分かりやすいので覗いてみて下さい♪

 

さあ窓掃除するぞ~!

この梅雨空の中、わざわざ窓掃除しようというモノ好きはいないと思うのですが、どうしても使ってみたくて。

メーカー推奨の使い方は、洗剤をスプレーで吹きかけて、クロスで汚れた部分をこすってから、クリーナー登場、というもの。

しかし、その方法でやると、洗剤のほとんどが布(ってかぼろ切れ)に吸い取られちゃう。

このクリーナーの真骨頂は、「水分を吸う」ってところなので、布で拭いちゃうとバキュームする余地がなくなるんですけど…?

PLUSにセットされているクロスは水分を吸い取らないものなのでしょうか?それとも特に汚れた部分だけこすれ、ということかしら?

 

というわけで、私は、クロスでこするという工程を飛ばして、洗剤(水の激落ちくん使用)をたっぷりスプレーして即バキュームすることにしました。

その後で、取れてない汚れがあればこする、と。 

結局、窓の汚れのほとんどはホコリで水を掛けただけで取れますので、この方法でもほとんど問題ありませんでした。

 

スイッチオン!すると、ぶい~ん、とハンディクリーナーみたいなモーター音がします。

外での作業がメインなのでご近所が気になりますが、それほど大きな音でもないので、昼間なら大丈夫でしょう。

重さもハンディクリーナー程度。

私は今回、ベランダによく設置されているサッシ窓に換算すれば延べ約20枚分をお掃除しましたが、重くて腕が疲れたということもありませんでした。

 

吸い込み口をガラスにくっつけて上から下に滑らせると、水滴が見事に吸い込まれてピッカピカ~!

1枚のサッシ窓につき、20秒から30秒もあれば終了です。

力を込める必要もないし、なんて楽なのぉぉ!

手動で窓ふきするよりも確実に透明感ある窓になります。

動かし方が悪いのか、時たまタテに筋が入ったり、汚水の跡が付いたりすることがありますが、そんな時は左手にスタンバイした布でサッと拭ってOKです。

 

今までは洗剤吹きかける→布で拭きとるという原始的なやり方でやっていたのですが、 これだと、ウロコみたいな水滴の跡が残りやすくて、せっかく掃除したのにキレイになったんだか汚くなったんだか分からん!ってことが多かったんですよね。

で、いったん拭いた後に乾拭きしてみたり、新聞紙で磨き上げてみたり、結構な手間で時間がかかったりして、かなりの重労働になってました。

しかも、布がすぐにビチョビチョになって洗うのメンドクサイ。手も汚れる。

ケルヒャーがあれば、ほとんど手が汚れないし、とにかく速いです。

窓掃除のハードルがグンと下がる!革命的~!

 

小さいワイパーヘッドがあったらもっと便利だと思う。

ケルヒャーさんは、クーポンに目がくらんで衝動買いして、あたしってバカかしら…と落ち込んでたんですが、そのわりには役に立つ商品だったのでとても気分が上がりました!

WV50 PLUSに付いているワイプパッド付きスプレーボトルは、手持ちの洗剤&ボロキレで代用できるし、なくても別に困らないかな~と思います。

 

ただ、WV75に付いている、幅の狭いワイパーヘッドのオプションは魅力的!

もし、今後この商品を買おうかな~?と検討中の方がいらっしゃったら、家の中のガラスの幅を計ってみることをおススメします。

幅の狭い窓が多い場合は、170㎜の小さなワイパーヘッドが付いているWV75のほうがいい!~と思いますよ。

うちにも、意外とところどころに幅の狭いガラスが使われてまして、280㎜の幅では使えない場所がありました。

 

↓もちろんオプションで買うことも可。これを買おうか?悩み中です…

 

しかし、コストコでWV50を買って、ワイパーヘッド小を買い足すならば、最初からネットでWV75 PLUSを買った方がお得です。

いつの日か…充電池が寿命を迎えたら、ネットでこちら↓を買いたいと思います…