読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

車用水の激落ちくん。住宅用との違いが分からん…

https://instagram.com/p/44UNrFDaNn/

Instagram

 

 LEC水の激落ちくんの車用だそうです

6月に、新商品としてホームページに上がってた商品。

コストコで買う前に、その辺のスーパーで、普通の「水の激落ちくん」を購入してまして、窓掃除その他に使ってました。

アルカリ電解水なので、洗剤と違ってヌルヌルしないところと、匂いがないところ、多少その辺に飛び散ってもあまり気にしなくていいところが気に入ってます。

「水の激落ちくん」は、床掃除の際にも、スプレーしてから拭くととてもスッキリキレイになって、裸足で歩いた時にも気持ちいい!

テーブルにも使えますし、最近の超お気に入りなんです。

ただ、あっちにもこっちにもシュッシュッとしていると減りが早い。

下手すると1回の窓掃除で1本使い切る勢いでガンガンなくなるんですよね…

 

それで、コストコ新商品のページでこれを見つけたときは、安く買えるなら欲しい!と思ったのですが、コストコのは「車用」って書いてある。

車専用の何か特別なものが入ってるのだろうか…?と思ったんですが、店頭で商品をよく見たところ、「車用」というところは特に強調されておらず、「車内も家もクリーニング!」と書いてありましたので、買ってきました。

ボトル2本&詰め替え用2袋、合計容量1900mlで798円でした~。

 

これ、「車用」ということで、成分の違いがあるのかな?と手持ちの「激落ちくん」と比較して見ましたが、成分は全くいっしょなんですね~!

どちらも、水酸化ナトリウム0.18%(換算値)と記載してあります。

ん?水酸化ナトリウム?と思いますが、LECのホームページの説明によりますと、「製品中に溶け込んでいるナトリウムイオンと水酸基イオンを、水酸化ナトリウムとしてみた場合の換算値で水酸化ナトリウムを加えているわけではありません。」ということでした。

 

住宅用と車用、ボトルもまるっきり同じで、貼ってあるシールのデザインが違うだけ↓。

https://instagram.com/p/5KXplKDaFJ/

Instagram

 

「水の激落ちくん」のスプレーは、口をくるくる回してon/offするようになっており、onは、「広くスプレー」と「狭くスプレー」の2種類あるんですが、それも全く同じ。

裏の説明も、「商品の特長」の文章は一字一句同じ。

車用のほうは、「車の塗装面には使えません!」と赤太字で書くなど、車を意識した書き方になってますが、強調のしかたが違うだけで、どちらも基本的に同じようなことが書かれています。

細かくて読めないと思いますが、裏はこんな感じ…

https://instagram.com/p/5KXqyvjaFM/

Instagram

どゆこと?と思い、LECのHPを見ましたが、コストコで売っているものと同じパッケージの商品は見当たらず。

 

市販されているものは別デザイン容器

ネットで「車用 水の激落ちくん」と検索すると出てくるのがコチラ↓LECとホルツがコラボした、という赤いパッケージ。

 「車内」となってますね。

 

ちなみに、ホルツとコラボしたという車用は、340gで372円だそうですが、住宅用のは500mlのお徳用ボトル(うちにあったのと同じやつ)が244円。

いずれも、楽天最安値で検索して出てきた数字です。

同じ数量に換算しますと車用が2倍以上も高いんですが…

 

何が違うのか、LECのHPを見ても、武蔵ホルトという会社のHPを見ても分かりませんでした。

アルカリ電解水100%と書いてあるだけです。

コストコ価格は500mlに換算すると210円なので、住宅用と比較してもまあ安いですが、詰め替え用で安いのを探すとコストコより安く買えるようです。

同じものを、「車にも使えるよ~!」という売り出し方をしているだけだったら、愛用しているだけに、消費者としてはモヤッとしますね。

 

 

上にチラッと書きましたように、車に使えると言いましても、ボディには使えません。

使えるのは窓ガラスと、ダッシュボードなどの車内部のお掃除のみだそうです。

 

ちなみに、「水の激落ちくん」はpH値が高いため除菌の効果があるのですが、今回LECのHPをウロウロしていて知ったことは、「スプレーをしてから30秒後に拭き取るか、水洗いをするとより効果的に除菌ができる」という新事実!

スプレー後、すぐに拭き取らずに、チョット待て!ですね~。