読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

グリーン&ブラックのオリーブ塩漬け

https://instagram.com/p/32tRLWDaFW/

Instagram

 

ビン詰めオリーブ2種

 

本日ご紹介するオリーブ、かなり以前に購入していましたが、日持ちする(=賞味期限、2017年2月!)ためしばらく放置されてました。

レシートがどっかいっちゃって、値段が分からないんですが、800~900円くらいだったかと。

イタリアのMadama Oliva というメーカーのもので、グリーンとブラックが1瓶ずつで1瓶350g(固形分)入り。

量ってみたら、オリーブ1個6g、4g、7gってな感じで、平均6gと考えると58.333個ですね。ざっくり60個かな?

コストコにしては」小さめなので呑気に構えていても食べ切れそうなところも手を出しやすい。

(ピクルスも試したいんですけど、大瓶過ぎて買えないんですよね…)

 

私は元々オリーブというものがわりと好きです。

秋になると成城石井で新オリーブの漬けたやつが出るんですが、あれがトロンとしたナッツっぽい味わいで大好き!メッチャおススメ!ですが、結構いいお値段なんですよね。

正確な数字は忘れちゃいましたが、このコストコオリーブ1瓶分以下の量で、1000円以上はしてたような気が。

これを買ったときは試食が出てまして、私は緑を食べてみて「美味しい!」

値段見てわりと安い!と思って購入しました。

 

そういえば、しばらく前に冷蔵コーナー(チーズのあたり)に3種類セットのオリーブが赤マジックになったけどしばらく売れ残っていた…のを見ましたが、あれって売れたのかな~?

賞味期限が近すぎて、そのわりに値引き率が?だし味が分かんなくて買いませんでしたが…

 

まずは黒!

Black Kalamata Olives

と書いてあります。

Kalamata(カラマタ)というのはギリシャの地名で、この黒オリーブはギリシャ原産のものだそうです。

が、このオリーブはイタリア産と書かれてます。何回見ても不思議と「カタマラ」って言っちゃうな~私。

アーモンド形をしている、と説明しているサイトがありましたが、確かに確かに!細長いです。

 

紫っぽい色の、ひたひたの液に漬けてあり、オリーブの実は黒さが残っているものからかなり色褪せたものまでがあります。

漬け液には塩と酸味料が入っているとのこと。

オードブルなんかで輪切りにされた真っ黒のオリーブがありますが、これは真っ黒!というわけではなく、茄子っぽい色。

果肉は柔らかく、ふにゃんとした噛み心地ですが、皮はシャッキリしてます。

 

実には縦に切り込みが入ってて、そこから液の塩分が染みわたる感じで、かなり塩っ気はきついです。

ブラックオリーブを買ったのが初めてで分からないのですが、塩加減的にはこういうものなんでしょうかね?

ですが、箸休めにちょっとつまむにはいいし、個人的には味はまあまあじゃないかなと思います。

 

どれくらいの塩分かと言いますと、漬物にしてもかなり塩辛く、梅干し的な感じ。真ん中に種あるしね。

…ん?梅干し? おにぎりの具にしたらどうだろう?と思いつきまして、ぎゅっと握って食べてみたところ…味としてはご飯に合います合います!

が、梅干しに比べますとかなり水っぽいため、すぐ食べるならいいですが持ち歩きには向かないですね。

そのほか、サラダにドレッシングを使わず、ブラックオリーブの塩気で食べたりしています。

 

次は緑!

Green Castelvetrano Olives

とあります。 

Castelvetrano(カステルヴェトラーノ)というのはイタリアの地名で、シチリア島にあるそうです。

もちろんメイド・イン・イタリアと書いてあります。

 

こちらは切り込みは入れずに丸のまま漬けられてます。

コロンと丸いオリーブで、同じく種入りですが、ブラックのタネがするんと外れるのに対して、グリーンは果肉とタネがくっついています。

タネの形もブラックは細長くてグリーンは丸っこい。

オリーブって種類が豊富だと聞きますが、この二つを比べただけでも全く違いますね。

 

漬け液は、日本語の原材料名を見ると、グリーンもブラックも「オリーブ、食塩、酸味料」となってまして同じなんですが、英語の表記は「酸味料」の中身が微妙に違いました。

ブラックのほうは「クエン酸」のみで、グリーンは「クエン酸」と「酒石酸」を使っているらしいです。

塩加減もまったく違っていて、グリーンの方はしょっぱくなく、口に入れた時の第一印象はむしろ「かるく酸っぱい」。

 

噛んでいくと、オリーブのオイリーな味が染み出して来て、木の実的な、何とも言えない味がするんですよね~。 

果肉は柔らかくて皮と一体化してる感じ。

やはり、新オリーブのほうが断然風味が濃かったな~とは思いますが、お値段も手ごろですしね。

 

今回ご紹介の商品はこちらで~す。