読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

「コンビニ人間」読みました

前々回の記事に、メルカリで話題の本を買ったので、次の記事はそのお話ね!

と書いて終わっておきながら、生筋子に目がくらんでその話になってしまいました。

 

はい、話題の本と言うのは、今年の芥川賞受賞の「コンビニ人間」です。

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

コンビニ人間 [ 村田沙耶香 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/9/20時点)

 

私、最近、コンビニに行くことが多いんですよ。

と言うのも、メルカリの商品を発送するのにファミマを使わなければならないもので。

今まで、「高い。」という理由で、あまりコンビニを利用することがなかった私ですが、俄然、コンビニに足を踏み入れる頻度が上がりました。

 

私は、どこかへ行く途中にファミマに寄ることが多いです。

しかも、最初のうちは、複数の商品をいっぺんに出すと宛先を取り違えそうで怖くて、わざわざ違うファミマまで行って、1個ずつ出したりしてたんですよね。

というわけで、この約2か月で、少なくとも20か所以上のファミマを巡ったと思います。

 

そうすると、同じファミマでも、いろんな店員さんがいるなぁ~と思うわけですよ。

まさに老若男女ですね。

高校生から60代くらいの方まで、いろんな方が働いているところです。

 

しかし、メチャクチャ個性的な店員さんというのもいなくて、皆さん、ほぼ平均以上の丁寧さ、正確さなところが凄いです。

これは日本という国だから成り立っていることなのか。

コンビニのマニュアルが秀逸なのか。

とにかく、感じ悪い人っていうのが、まずいません。だいたい、フツーです。

すごく感じの良い方だな~って思った店員さんは何人かいらっしゃいましたが、すごく感じの悪い人っていうのは、今までお会いしていません。

 

先日は、高校生くらいの兄ちゃんバイトに当たりました。

内心、無愛想な子だな(まぁこの年代の男子には普通)と思いつつ、処理をしてもらって、帰ろうとしたら、その子が、私が手に握りしめていたゴミを「捨てときますよ」って、手を差し出してくれたんです。

何て気遣いのデキる子なの!

うちの息子に爪の垢ください!

 

というわけで、最近、コンビニに並々ならぬ(?)興味を抱いている私でして、

皆さんに頂いた招待ポイントで「コンビニ人間」を購入しました。(つまり無料)

 

「コンビニ人間」は、コンビニの店員として生きることしかできない女性の話です。

人間として普通の生き方と言われている結婚も就職もせず、ただただコンビニのバイトとして存在している主人公の目から見る「普通の社会」が描かれています。

私は、彼女が、「普通と違う」という理由で罵倒されるときの、一切感情を交えないその冷静な分析が勉強になりました。

そう考えたら、怒らないですむんだ…って。

そしてさすがに文章の切れ味がいいですね~。

 

通勤の行き帰りに途切れ途切れに読みましたが、たぶん2時間くらいで読めたんじゃないかと思います。

わりと短いお話ですので、皆さんもよかったら読んでみてください。

 

ちなみに、読み終わった本、ソッコーで売りました。

10分で売れました(笑)。