読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

コストコのバケツココア

https://www.instagram.com/p/BN_StVLhya-/

16.12.13購入 1158円

 

700g入りのベーキングココアをやっと開封しました。

12月当時、ココア品薄の時に買い込んだもの。

昨日たまたま見てたテレビでカカオの話をやっていたのですが、20年くらい前に比べるとカカオの価格は約3倍になってるそうですね。

どんどん需要が高まっているとのことで、おなじみの板チョコもさりげなく小さくなってるらしいですよ。

 

バーン!とオープンしてから、こんな大量のココア使い切れるかしら…と弱気になりました。

だって、コレの前に飲んでたバンホーテンの黄色い缶は100gだったんだよ。

7倍だよ。

 

 

ちなみにお値段は、100g当たり約165.4円でして、お店にもよると思いますが、バンホーテンの半額以下です。

 

こちらのココアはココアバター含有量が15~17%になっています。

バンホーテンのココアは?と思って見たら22~24%になっておりました。

ネットで調べたところ、ハイファット(High Fat)が22~24%、ローファット(Low Fat)が10~12%ということになるらしい。

バケツココアは中ファットですな。

「ベーキング」ココア、と書いてある意味がよく分からないのですが、その辺りが肝でしょうか。

https://www.instagram.com/p/BN_SuYxBPmQ/

Instagram

 

オランダの製品です。

バンホーテンもオランダだし、オランダはココア大国?

この容器、大きくて手に余るんですが、持ちやすいように側面に凹みが付いてるんですよ~。

さりげなく嬉しい心遣い。

 

こちらのココアは、かなりフンワリフワフワとした感じがします。

そして、色が赤っぽいな~と思いました。

脂肪含有量の違いか、粒子が違うのか、空気感があります。

秤で量ったときに、え?10gってこんなにカサあった?と思った。

 

その分溶けやすいです。

今まで、ココアを練るときにヘラにココアの塊がどうしてもくっついてきてたんですが、ベーキングココアは付いてきません。

比較的サラーっとしています。

 

味は美味しいです!合格です!

「ベーキング」という名称ですが、普通に飲んでOKです。

純ココアもメーカーによって結構味が違い、全くココアらしい味がしないのがあるんですよね~。

700gが味なしココアだったら悲劇ですが、だいじょぶでした。

脂肪分の違いが味にどう反映されるか?ですが、正直あまりよくわからなかった。

それよりも、投入するココアの量が目分量なもので、その時によって味が違っておりますね。

 

この大量のココアをダメにしてしまうわけにはいきませんので、冷凍してもいいかな?と思ってネットを見たところ、

皆さん、ペースト状にしてから冷凍しているんですね!なるほど!

いちいち鍋で練るのは手間なので、練るところまでをいっぺんにやってしまい、あとはカップの中で溶かすだけ。

こりゃいいわ~というわけで、この週末はひたすらココア練ってました。

 

さらに勢いづいて、チョコクリームも作りました。

温めた牛乳、コーンスターチ、ココア、板チョコ(小さく折る)、砂糖を混ぜて、

一回濾して、練るだけです。

パンに載せて食べたら絶品~!!

 

 本日ご紹介の商品はこちらです。

コチラのショップの説明によると、RODELLEという会社は創業80年の歴史あるメーカーさんなんだそうですよ~。