コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン3年目!買った商品のホントのところを書きます。

ふんわり洗顔ブラシ「リファクリア」

私はカタログハウス通販生活)ファンでして、定期的に送られてくるカタログも全部チェックしています。

これがまた、見ると「これ良さそう!」というのがたくさんあって、見なきゃ買わなかったようなものを買いたくなる。

昨年11月に、電動の洗顔ブラシを見つけまして、「これ良さそう!」にスイッチが入ってしまいました。

 

こちら↓の商品です!

www.cataloghouse.co.jp

 

私はずいぶん前から肌のブツブツに悩んでいます。

酒粕を摂取してだいぶ改善した!という話もしたことがあると思います。

ただ、完全にブツブツを撃退するには至っていませんでした。

去年の夏、酒粕飲むと暑くてダメ!と思ったのと、不味い酒粕を買ってしまったことで、フェードアウトしてしまってました。(告白)

 

それでも、酒粕作戦以前よりは、ブツブツが多少消えてはいたんですが、そしたら、毛穴が目立つじゃないですか!

あまりにもブツブツが目立っていたので、毛穴まで目が行かなかったんですね。

悲しい現実…

 

という状況で去年の秋に見つけた「リファクリア」。

熊野筆の毛を使用していて、毛先は0.01ミリなんだそうです。

極細の毛先が毛穴に入り込んで、手では落とせない毛穴汚れを洗浄してくれる、という説明に、なんとも心惹かれてしまいました。

ごく細かい音波振動で汚れを掻き出すらしく、

肌に負担を掛けずに毛穴の目立ちを改善するとして、医学誌に掲載されたことがあるそうです。

 

毛穴汚れが解消できたらブツブツも出なくなる(かも)。

毛穴もきれいに見える(かも)。

若返る(かも)。

 

しかし、結構いいお値段でして、税込26,784円。

しばらく悩んだんですが…

長年の肌悩み>お値段の悩み、となりました。

 

ホントにひどいときはファンデを塗っても隠すことができなくて、鼻の頭に大きな吹き出物乗っけたヒドイ顔をさらしてました。

大人なので誰も面と向かっては言いませんけど、うわ…と思われていたはず。

冬場はマスクで隠してましたが、夏は暑くてね~。

電車の中で目の前の人を見て、この人はブツブツがなくていいな…なんて思い詰めてたくらいなんで。

 

使ってみての感想。

 

さすが熊野筆ですね~!顔に当てた時の感触がや・わ・ら・か~い!

とっても気持ちいいです。

使い方は簡単で、泡立てた洗顔料を顔に載せた後に、くるくる回すようにブラシを当てるだけ。

充電は水気のないところでしないとNGですが、本体は濡れても全く問題ないので、

お風呂場に持ち込んで洗顔できますし、丸洗いOKです。

 

ソフト・クリーン・ディープの3つのモードがあって、ソフトとクリーンは1分、ディープは30秒で自動的に切れます。

1分もあれば、顔全体を何周もする感じで、十分に洗えます。

洗顔ブラシは肌を擦ってしまうのでよくない、という話を聞いたことがあり、その辺がちょっと気になったんですが、

手で使うブラシと違って、ゴシゴシ擦るわけではないのでその辺は心配ないらしいです。

実際、こすられているという感覚は全くないです。

 

こちらのブラシを使った後は、メッチャすっきりした感覚があります。

手で洗う時は、泡で押し当てる程度にかるーく軽く、と心がけていたのですが、十分に洗えていなかったのかも。

使い始めて約3か月ですが、ひょっとして、化粧ノリが良くなった?!という気がしますし、今年の冬は乾燥に悩んでないです。(それは関係あるかどうか分からないですが…)

いつもは冬になると口の周りが粉を吹いたようになっていたんですが、今年は普通にオールインワンゲルを塗ってるだけで、パリパリしていません。

 

ブツブツのほうも時々は出るんですが、前より小さく、治りやすくなりました。

ファンデは肌の負担になるかと思い、最近はパウダーで抑えるだけですが、それでカバーできています。

以前は、鼻が治ったと思ったらあご、あごが治ったら頬、というように次々に出ていましたが、そういうこともなくなりました。

ブラシのおかげだけではなく、食事とかストレスとかホルモンの関係とか、いろいろな要因があるとは思いますが、何割かはブラシのおかげかな。

 

難点は本体のお値段が高めなことと、ブラシは消耗品となり、半年ごとに買い替えが必要(約4000円)なことですね。

 

商品の説明はこちら↓のメーカー公式ページの方が詳しいです。

ちなみに、お値段は公式もカタログハウスも同じでした。