コストコと和泉のLIFE!

コストコ和泉倉庫店オープン4年目!買った商品のホントのところを書きます。

和泉倉庫店限定! サンフランシスコ ベイ コーヒー デカフェ

日本では珍しい、デカフェのコーヒー豆があったので飛び付いてみました!

購入日は2017年6月28日で、その時点では2,468円でした。

写真撮るの忘れたまま開封しちゃったのでコチラ↓で代用させていただきます。

クリックしていただくと、原産地やサンフランシスコベイの説明なども載ってま~す。


 

 

こちらの「サンフランシスコ ベイ コーヒー」というのは、和泉倉庫店限定だそうで、最初は普通のコーヒー豆だけ、その後にデカフェも入ってきました。

デカフェは「グルメブレンド」となってまして、豆の産地はグアテマラホンジュラスニカラグアということで、原産国はアメリカです。

どうやってカフェインを抜くのか謎ですが、上にリンクを貼ったショップの説明によりますと、「ケミカルを使わない」「天然水プロセス」と書かれています。

 

天然水プロセスというのは、ウォータープロセスとも言われていて、その中でもいろいろ方法があるらしいですが、

要は、豆をいったん熱湯に付けてカフェイン(及び一緒に出てきてしまうフレーバー)を抽出し、液からカフェインだけを取り除いて、再びフレーバーを豆に吸わせる、とこういう方法のようです。

 

そんだけ手間がかかる割には、カフェイン有りコーヒーとの値段差がないように思いました。

コチラ↓4月に買いました。確か内容量も同じくらいだったと思います。

https://www.instagram.com/p/BTdU1n_ACAQ/

17.04.28購入 2298円

 

ということは、豆の質が違うのでしょうかね。

カフェイン有りのほうも冷凍庫に入れてあったので見比べてみましたが、見た目では全く区別付きません(当たり前か)…

若干、有りの方が黒光りしてツヤツヤしてるかなぁ?

が、味は全然違いました。

 

カフェイン有りの豆はフレンチローストと書いてあるとおり、深煎りで苦味が効いていて、パンチがあります。

私にとってはちょっと苦すぎるくらいで、最初は飲みづらく牛乳たっぷりいれてましたが、慣れとは怖いものでだんだん普通に飲めるようになりました。

これに対しまして、デカフェは全然苦味がないんですよね~。全体的にあっさり系ですが、ちゃんとコーヒーです。

いったん抽出するプロセスを踏んでいるから、若干、フレーバーが弱めになるのは宿命ですよね。抽出したものを100%完全に戻すことはできないんじゃないかと思う。

 

しかし、優しい味ですので、夜遅い時間になってから飲むにはちょうどいいと思いました。

私は便秘対策としてにココアを摂るようにしているのですが、デカフェにココア混ぜてなんちゃってカフェモカ風にしてま~す。

 

ところで皆さん、スタバでもデカフェを注文できるってご存知でした~?

最近、私、夜にコストコ行く→そのまま夕食→スタバでコーヒーというコースが、マイ・ゴールデンなんです。

で、今までは普通のメニューから選んでいて、別にコーヒー1杯くらいで眠れなくなったりはしないのでそれはそれでいいんですが、カフェイン摂り過ぎかな?と思うこともあり…

前回、デカフェがあるということに気が付いて注文してみました!

 

エスプレッソメニューであれば、全部デカフェに変更できるそうです。

ただし、50円アップです!(ここ重要!)

お値段同じなのかと思ってましたが、デカフェの方が高いんですね…しかも50円も。

ちなみに、スタバのお姉さんは「デカフェ」ではなく「ディカフェ」と発音していました。よく見たらメニューも「ディカフェ」になっていた。

私は「ディカフェ」の「カフェラテ」をお願いしてみましたが、普通のカフェラテと同等に美味しかったです!

 

しかし不思議なことに、ディカフェを飲んだらメッチャ眠くなりました。

お腹たっぽんたっぽんになるからか、ミルクの効果か!?