コストコと和泉のLIFE!

おいしいもの、おもしろいもの、ときどきコストコ。

グルテンフリー始めました。

突然ですが…

皆さん、「酒さ」ってご存知ですか?

 

「酒さ」というのは皮膚の病気で、酒を飲んだ時のように赤くなるから「酒さ」。

症状は顔がほてって赤くなる、ニキビのような湿疹が出る。

お酒を飲んだからなる、というものではなく、原因不明だそうです。

 

私、このたび、手荒れで皮膚科に通っていたのですが、その時にドクターから「酒さ」じゃないか?と言われました。

実は私にとって赤いブツブツができているのはデフォルト。

その時によって、数が少なかったり多かったりはするのですが、ここ何年も完全に消滅したことはなく、すっかりこういうもんだと諦めてました。

それで、顔を診てもらうつもりはなかったのですが、たまたまブツブツが多い時期で隠しきれず、ドクターの目に止まったようです。

 

塗り薬をいただきましたところ、思いのほか良く効いて感動したのですが…

いたちごっこなんです、これが。

額に出てるな~と思って薬を塗ると、額はツルツルになるが顎に出る。

顎に塗れば次は頬。という具合で、きりがありません。

 

これは、一生塗り続ける感じかな~と思いつつ、次々追いかけて塗っていたのですが、ある日、起きて鏡を見てビックリ。

湿疹が顔全体に広がっていました。

ちょっとぎょっとされるほどの顔になってしまい…、もう一度皮膚科に。

抗生物質が効く場合があるけど飲んでみる?と言われてもらってきました。

先生いわく、効果は一時的だけど、これが効くと分かれば人前に出る時に合わせて飲むことができるから、とのことでした。

 

早速飲んでみよう、と思って帰宅しましたが、酒さの原因を検索しているうちに気が変わりました。

というのは、食べ物が酒さの原因になっているという説があり、特に、グルテン(小麦)断ちをしたら肌がきれいになったと語っている酒さ経験者が複数いたんです。

ちなみに、酒さによくないとされている食べ物は私が好きな物ばっかりで、

チョコレートもチーズもリストに上がっていました。

 

ブログを読んでくださっている皆様はご存じだと思いますが、私は普段からパンが大好きで…。毎日、1食はパンでした。

振り返ってみれば、湿疹が悪化した前日、私はな~んにも考えず、朝にパン、昼はうどん、夜もパン、と小麦ばかり食べていました。

 

いや、そういえば、いつも夜はご飯だし、こんなに小麦食べる日は珍しいかも。

ひょっとしたら、これ?!

これは、抗生物質に頼る前に、グルテン断ちにチャレンジしてみるべきか?!

 

まずは、「主食に小麦を食べない」だけのユルユル・グルテンフリーを1週間やってみました。

パン、うどん、ラーメン、お好み焼き、たこ焼き、全部NGです。

こうやって見渡してみると、外食には小麦多いですね。

ららぽのフードコート行っても、びっくりドンキーか親子丼かビビンパくらいしか選べません。

 

1週間後。

顔全体の赤みは引きました。

だいぶ見られる顔になっています。

まだポツポツはあるし痒いし、新しく出てくるモノもあるけれど、だいぶ勢いが弱まった感がありました。

なにしろ毛穴が見えるんです(笑)…!!

普通の方には、毛穴は見せたくないものだと思いますが、赤く炎症を起こしていると毛穴さえ見えないんですっ!

 

そこで、調子に乗って、今週は、完全グルテンフリーに挑戦しています。

小麦粉っていろんなところに隠れていて、主食だけ小麦なしにしても、餃子の皮だったりハンバーグのつなぎだったり、ウッカリすると口にしてしまうんですねー。

その辺りも目を光らせています。

 

とは言え、ずっと完全グルテンフリーにするつもりはないです。

2~3週間試してみて、どの程度効果があるか知っておこう、という目的です。

 

全くパンを食べないのは悲しいので、こんなもの買ってみました↓

 成城石井に売っています。


 

 

持った感じが、普通のパンよりも軽くて硬いのですんごいイヤな予感してたんですが、

想像していたより美味しかったです。

焼き加減が難しく、しっかりトーストしないと美味しくないですし、 

トーストしたら熱いうちに食べないとパサパサになり、流し込まないと食べられない感じです。

しかし、うまく焼ければ美味しいです。

これなら十分パン食べた気分になれます。

ただ、冷凍したら味が落ちたような気がするな~。 

 

また、報告させていただきます!