コストコと和泉のLIFE!

おいしいもの、おもしろいもの、ときどきコストコ。

台風、台風、また台風

今回の台風24号では沖縄、そして静岡県などで大規模な停電が発生したそうですね。

心からのエールをお送りします。

まだ電気が来ていない地域には、早く電気が通りますように。

 

そして次は25号が来るということで、どんだけ当たり年なんだ?!

今回は日本海を通る予想だそうですが、100時間の停電経験者が考える台風への備えを書き留めておきたいと思います。

 

 

洗濯、入浴を済ませる

 

よく言われる懐中電灯、乾電池や食料の買い出し、外回りの片づけは当たり前。

停電したら洗濯機が動きません!給湯器も使えません!

洗っときましょう!乾かしときましょう!

特に、「洗う」のは手でもできますが、「乾燥」に問題が発生します。

 

そこにあるだけの洗濯物を全部洗濯して干しましょう。

手洗い、もちろんできますが、脱水ができません。

乾燥機をお持ちの方は乾燥までしてしまいましょう。

同時に、お風呂に入ってドライヤーで髪を乾かしておきましょう。

 

ここまでやれば、1日2日の停電には耐えられるだろうと思います。

 

洗髪は、暑ければ水、無理ならガスでお湯を沸かして、洗う分には何とか洗えたんですが、問題はドライヤーで乾かせない!

超ボサボサ頭になり、ゴムやピンで止めまくってました。

 

我が家の場合は、自宅は停電していましたが学校・職場は電気が来ていたので休みにはならず、普通に登校・出勤しなければなりませんでした。

ということは、制服、出勤着が要る。

まさか、家が停電しているから休みます!って言えませんからね。

 

ところが、21号の当日は、停電するなんて全く予想していませんでした。

休みになったからゆっくり洗濯すればいいや、と、汚れ物山積みのまま停電に突入。

外に来ていく服がなくなって、慌てふためきました。

脱水できないから乾きにくいし、アイロンも使えないし、本当に困りました。

 

マンションにお住まいの方は、電気が止まると水も出なくなります。

エレベーターも動かないので、水を抱えて階段を上がるのは若い者でも辛い。

お風呂にいっぱいに水をためて、さらに、やかん・なべなど総動員して飲料水も確保してくださいねー。

 

買い出しは必要…でも冷蔵・冷凍品は買わない

 

台風が来るかも、と分かったその日から、生鮮品や冷凍品の購入は最小限度に。

コストコで爆買いしてはいけません!

停電したら冷蔵庫が使えなくなりますからねー。

せっかくの貯蔵が…捨てる羽目に…ああ夢に出る。

 

 実際に停電してしまったら、できるだけ冷蔵庫を開けず、温度キープに努める。

それと共に、冷蔵品から優先してどんどん食べてしまうように。

冷凍品は、停電してもすぐには溶けないんですよね。1日目は見た目は凍ったまま、2日目は半解凍…って感じでした。

停電が長引くような時は、冷凍品は諦めて保冷剤代わりに使うことにして、冷凍庫に冷蔵品を入れると、ある程度は冷蔵できますね。

ただし、外出中に突然電気が入って冷凍が始まっちゃうと悲劇が起こるかもしれないので注意しながら。

 

それと、溶けると汁が出るモノがありますよね。

特に袋入りの大量冷凍品。口が空いてたり、穴が開いてたりしないかチェック。

私は冷凍いちごから大量の汁が出て大変な目に遭いました。

あれ、冷凍のうちにジャムにすればよかったなーって後から思いましたが、その時は気持ちの余裕がありませんでした。

製氷室の氷も溶けますので早めに処分しておきましょう!

 

24号の時には、保冷剤をいっぱい冷凍しておきました。

生協の宅配なんかに入ってくる大きい保冷剤、あれ使えますよね。

停電したらしばらく借りとこうと思って冷凍させていただきました。

幸い停電はしませんでしたのでお返ししましたが、心強かったです。

 

今回、台風前日のスーパーではカップ麺の棚がガラガラでしたね。

ガラガラの棚を見て、焦って残り物を購入される方もお見かけしました。

私はグルテンフリーの都合上、カップ麺は食べられないんですが、

今年の年初にセールで小さめのルクルーゼ(16cm)を買いまして、

たまーにそれでご飯を炊いておりまして、かなり美味しく炊けます。

 

買ったときには、小さすぎたかなと思いましたが、少量の炊飯にはちょうどいいです。

停電の時にもこれで炊飯しました。

家族から、この非常時にホカホカのご飯が出てくるなんて!と絶賛されました。

まさか災害対策になるとは思いませんでしたが、停電の時って周りは暗いし精神的にも辛いので、美味しい白米が食べられたのは地獄に仏でしたねー。


 

 

 

 ありったけの電子機器を充電し、車も避難

 

いつもお使いの携帯・スマホだけじゃなく、自宅にあるパソコン、タブレットウォークマンアイポッド、その他、思いつく限りの電子機器を充電しておくこと。

パソコンやタブレットは、画面が結構明るいので、本来の用途の他に、照明として役に立ちます!

 ウォークマンではラジオも聞ける。

 

できれば、車のガソリンも満タンにしておいて、いざと言う時に車から充電できるようにしておくといいかも。

あと、電動ガレージの人は、停電すると車が出せなくなります。

どうしても車が必要な方は、どっかのコインパーキングに避難させた方がよいです。

 

ちなみに、私も車を出せなくなり、コインランドリーに行くのに、

キャリーバックをゴロゴロ引いて行く羽目になりました。

 

もちろん、車を避難させるときは屋内のパーキングで、

しかも、バーを上下させるゲート式のところがいいです。

ゲート式ならば、停電しても手動でゲートを上げれば車を出せますよね。

フラップ式、タワー式のパーキングは停電すればアウトです。

 

以上、100時間の停電を経験して思ったことでした。

1ミリでも皆さまのお役にたてば幸いです。